• クマザキ優

オペラの新しい形『飛び出る絵本オペラ魔笛』第2回・第3回公演が終了!



皆様ごきげんよう!

イラストレーター クマザキ優です。


さて・・・12月はかなりバタバタしており

第二回終了のタイミングで

ブログの更新をしそびれてしまったのですが・・・


『飛び出る絵本オペラ 魔笛』

無事 年内の公演が全て終了いたしました〜〜〜!


12月24日公演↓New!


12月12日公演↓


皆様、本当にお疲れ様でした♪


贅沢なことに私は3回も、

素晴らしい歌い手・演奏メンバーで送る魔笛の公演を

鑑賞させていただくことが出来、

この上なき幸せです。


1回目は自身の描いたイラストがどのように映るだろうかと心配しながらスクリーンに集中しておりましたが、2回目はストーリーやキャストの皆さんの歌声、全体に集中し、3回目では歌い手さんの表情や演奏(伴奏)、舞台照明などの細かい部分にまで集中してじっくりと観ることが出来ました。

(本当にありがたい限りです)


イラストとオペラという新しい形のコラボレーション

私は小学校の鑑賞教室で、一度「歌舞伎」をみたことがあったのですが、言語など昔の表現が多く、ストーリーをほぼ理解できずに終わってしまった記憶がありまして、


オペラも基本的に歌では海外の言語が使われているため

ストーリーまで理解するには予習が必須だと思ったのですが・・・


この『飛び出る絵本オペラ』の魔笛は

声優さんのナレーションや、イラスト映像、字幕とともに歌い手さんが登場してくれるので

本当にわかりやすく、一発で内容を理解することが出来ちゃいました!


もちろんただ理解できて終わりではなく、

一本の壮大な映画を見た後のような感覚と

芸術に生で触れた時の心地よい感覚が同時に残るという、

大変優雅な感情に浸れるものでした。


1・2回目会場 調布市文化会館たづくり くすのきホール


3回目会場 つつじケ丘児童館ホール


イラストレーターとして

こちらを企画されたのは、

オペラ歌手の舛田慶子さん(2回目公演:パパゲーナ役、3回目公演:ナビゲーター)

たった一人だったのですから驚きです。


私もイラストレーターとして、これまで経験したことの無いような貴重な体験を沢山させていただきました。


初めてのことづくしで、スケジュール感やチラシ宣伝等の感覚が掴めずに

色々とご不便・ご迷惑をおかけした部分もあったかと思いますが、

おかげで自身の成長にもつながったような気がします。

(次回制作の際にはもっとスムーズに対応できるかと思います。。。!)


『魔笛』はもしかしたら来年も、もっと小さなお子様向けのショート版などで

公演があるかもしれない!ということですのでこちらも期待大です♫


感謝

改めまして舛田さんをはじめとする関係者の皆さん、

見に来てくださった方々、支えてくださった皆さん

見守ってくださっていた皆さん


おかげさまで、大好評で公演を終了させていただくことが出来ました。

本当に・・・本当にありがとうございました!


〜オマケ〜

(こちらはゲネの様子。)



クマザキ優

___________


イラスト・ビジュアルアートのご依頼、お待ちしております


レトロッパが得意なイラストレーター

クマザキ優


お問い合わせページはこちら


Email :mofuvell.illust@gmail.com

LINE@(自動AI対応あり) https://line.me/R/ti/p/%40451yvret

SNSリンク集はこちら https://lit.link/yu1113kuma

37回の閲覧0件のコメント